読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シコウノキロク

思考・志向・試行・嗜好の記録

サラダチキンの私的ランキングTOP3

はじめに

皆さんはコンビニで食事を買う時、何を買っていますか。
カップ麺、惣菜パン、お弁当、冷凍食品…色々あるかと思います。
私はそんな中でもサラダチキンをオススメしたい。
プリマハムの過去最高益を支えた飛ぶ鳥を落とす勢いのすごい惣菜です。

ダイエットの味方、サラダチキン好調 プリマハム最高益:朝日新聞デジタル

200〜300円と高くない部類に入るものの、高タンパク・低脂質で栄養素に優れ、100g以上と食べ応えがあります。
そんな優秀さからダイエット中の方や筋トレ好きの方といった特定の人に人気を得ているのですが、まだ市民権を得ているとは言えません。
そこで、布教活動を通して職場で食す権利を主張するとともに、最終的にはサラダチキン愛好家を増やすというヴィジョンを達成するために記事を書いていきます。

ちなみに、私は元々和食等の薄味好きですのでその点に偏りがあるランキングになりますのでご了承ください。
しかし、喰わず嫌いの方、最初に選んだ味のイメージから嫌煙してた方、濃い味はちょっと…という方にオススメできるランキングになっていますのでぜひご覧ください。

セブン スモーク

私的トップです。

しっかりとした燻製の香りを感じる一品です。
スモーク部分が良い歯ごたえのアクセントになり、肝心の肉部分も胸肉ということを感じさせない仕上がり。
しっかりとしたかみごたえの中にもお肉の優しさに包まれます。

味が濃くないのも私的には高評価。

一点だけ難点を挙げるなら、全く売り場で見かけない!
近くのイトーヨーカドーでは、セブンが取り扱う他4種類(プレーン、ハーブ、レモン、カレー)は置いているのですが、肝心のスモークがない!
たまに、セブンイレブンに行くと置いていることがありますので、店頭に置いている分は全て買い占めます。
コンビニのお姉さんに好奇の目で見つめられながら。
いつも買い占めちゃってごめんなさい。

ファミマ アルペンザルツ岩塩

こちらは特別な味付けがされていないサラダチキンになります。
プレーンで比較するならこれが私的トップです。

こちらも味が濃くない点がいいですね。ファミマの他の味付きは味が濃くて私には合いませんでした。

特筆すべきは肉の食感です。
このサラダチキンだけ他と全く異なっています。なんというかしっとりほろほろとした肉質に仕上がっています。
これは食してもらわないと伝わりません。
胸肉もサラダチキンもパサパサしてるし、あんまり好きになれないという方は騙されたと思って食べてみてください。
考えが変わると思いますよ!

ローソン スモーク

食事ではなく小腹が空いた時のおやつ分野で私的トップです。
TOP3にスモークが2つも入っている時点で偏りまくりですが、セブンと違った仕上がりになっています。

セブンは表面と内部の食感のハーモニーを楽しむものでしたが、こちらは全体的に歯ごたえがあります。
より歯ごたえが増し咀嚼に力が必要となります。
そのため、小腹が空いた時などあまり量を取らない時に最適です。

また、セブンよりもスパイスが効いていますので、ご飯のお供にする際もこちらの方が進みますね。
といってもプレーンと比較するとかなり落ち着いた味になっています。

さいごに

いかがだったでしょうか。
まずは入手しやすく万人受けしやすそうなファミマのアルペンザルツ岩塩から入ってもらえればと思います。
そこから色々な種類のサラダチキンを比較して、自分の好みを探してサラダチキン愛好家になりましょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。サラダチキン普及の一助になれば幸いです。

こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語

こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語

無洗米がまずい理由を知って賢く選び美味しく炊く

はじめに

我が家では、炊飯の準備のお手軽さから無洗米を使っています。
手間を省きつつ美味しいので満足です。

しかし、無洗米と普通の精米とで何が違うのか、ある時にふと気になり調べていきました。
そのうち、無洗米がまずいという意見が目に入り、それについても調べると選び方と炊き方に問題があることが判明。 元々比較する予定だった普通の精米について調べた結果を踏まえて、良い選び方と炊き方をまとめようと思いました。

無洗米がまずい理由

  • クズ米が使われている
    無洗米に質の悪いお米が使われていることが多い(かった)。

  • 無洗米は粒が少し小さい
    普通の精米と同じカップで計量すると、粒が多めに入り水分量が適切ではなくなります。

つまり、質の良い無洗米を選び、適切に炊飯すれば美味しいわけです。

下記、参考サイトが行ったアンケートによると普通の精米との差はほぼないようです。

白米 VS 無洗米~そもそも無洗米とはなんなのか?~

選び方

  • 粒の大きさ
    無洗米に限らず良いお米は粒が大きく厚みがあるものです。
    ぬか層を取り除いている無洗米は普通の精米と比較すると若干サイズが小さい(3%程度)ですが、目視ではわからないレベル。
    そのため、普通の精米と比較して同程度の粒の大きさのものを選びます。
    明らかに小さい場合、質の悪いクズ米が使われている可能性が高いです。

  • 粒の色
    無洗米に限らず透明なものを選びましょう。
    白い部分は水分が少なかったりつまりが悪いため、できる限り少ないものを選びます。

炊き方

  • 無洗米の設定で炊く
    無洗米は普通の精米よりも、若干サイズが小さく(3%程度)なります。
    普通の場合と同じように炊くと水分量が適切ではありません。
    無洗米用のカップを用いるか、炊飯時の水分を少なくしましょう。

  • 米を研がない
    すでに研がれた状態までぬか層が取り除かれているため、研ぐとうまみが取り除かれてしまいます。
    すすいで水を1,2回捨てる程度にしましょう。

  • 浸水させる
    無洗米に限らず気温に合わせた時間分だけ浸水させましょう。
    夏は30分、冬は1時間程度です。

さいごに

いかがだったでしょうか。
普段何気なく選んでいるお米ですが、日常的に炊飯し食べています。
できる限り日常の手間は省きつつ、美味しいご飯を食べたいですね。
最後までお読みいただきありがとうございました。
良い白米ライフの一助になれば幸いです。

参考にしたサイト

買っていい品 いけない品 一目瞭然図鑑 魚編・米編 [10ページ目] - 日経トレンディネット

無洗米は、本当に洗わなくても大丈夫? - お米のことはプロに聞け! - 朝日新聞デジタル&BAZAAR

【精米】秋田県産 無洗米 あきたこまち 平成28年産 5kg

【精米】秋田県産 無洗米 あきたこまち 平成28年産 5kg

1品目を食べ続けた時に必要な重量とコストを計算してみた

はじめに

もしも一ヶ月間、一品目しか食べられないような制約が備わった場合に役立つ。
ま、そんなことあり得ないですよね。
本当は、必要なカロリーとそれにかかるコストを計算したところ個人的に中々面白い結果が得られたので記事にしようと考えました。
カロリー摂取という観点から見ると、意外と贅沢品だった品目やその逆のものもあります。
カロリーベースという考え方は農水省がやっているミスディレクションに近しいですが、今回は簡単に理解しやすいようにするためあえて採用しています。

各品目の必要な重量とコスト

ピックアップした品目は私がよく購入しているものです。
各品目のカロリーはネットから拾ってきた情報で、価格は私のスーパーでの記憶を元にしています。
1日に必要なカロリーは2,300kcalとして30日間で計算するので、必要なカロリーは69,000kcal。

品目 カロリー[kcal/100g] 価格 [円/100g] 必要な重量[g/月] 一ヶ月のコスト[円/月]
小麦粉 368 27 18745 37490
白米 345 80 20,000 40,001
サラダ油 920 33 750 15,000
バター 745 233 9,262 18,526
納豆 200 83 34,500 69,001
豆腐 55 22 125,455 250,909
鶏卵 151 41 10,918 91,391
サラダチキン 105 166 65,714 131,430
牛肩ロース 240 300 28,750 57,503
牛サーロイン 136 400 50,735 101,475
牛ヒレ 133 400 50,735 103,764
もも 183 150 37,705 75,411
豚ロース 263 200 26,236 52,473
豚ヒレ 115 250 60,000 120,003
鶏むね 191 100 36,126 72,252
鶏ささみ 105 150 65,714 131,430
もも 200 200 34,500 69,002

以下、全てカロリーベースという観点に立っています。

一番優れているのは、サラダ油・バター等の油脂類です。
飛び抜けていますね。 1g辺りのカロリーが炭水化物やタンパク質の倍程度ありますので、効率は良いです。
ただ、これらだけで生活するのはしんどいですよね。
余談ですが、カロリーベースの自給率が高い国は大体これら油脂類の原料を生産する国だったりします。

現実的に食べ続けるもので、もっとも優れているのは主食である小麦や白米ですね。
十分なカロリーを摂取しても4万円程度とかなりリーズナブル。
やはり優秀です。
カロリー摂取するなら米かパンを食べましょう。

意外だったのは、豆腐です。
カロリー摂取という観点からすると、コストが他と比べるとダブルスコア以上。
低カロリーでダイエッターに重宝される食品ですもんね。
牛サーロインなんかを抑えて堂々の一位です。
ですので、小鉢に添える時は肉や納豆・鶏卵よりも高い高級品であると心得ましょう。

次に意外だったのは、肉です。
牛のステーキ肉を食べ続けても食費が10万円程度!
ただし、豪州産の赤身肉です。
和牛のサシが入ってるやつだと違う結果になるかもしれませんね。
油脂が多くなるので、今回のカロリーベースという条件ではいい勝負するかも。
サシの入った肉は、私が好きではないので調べていませんが。
そして、牛肉よりもサラダチキンやささみの方が贅沢!
この二つも豆腐と同様ダイエッターに重宝される食品なので、カロリーベースという特異な条件においてですが。

おわりに

いかがだったでしょうか。
感覚的だったものが数字で表されると比較しやすくなります。
今回はカロリーという観点のみの極端なものですが、参考なれば幸いです。
こんな記事を書いていますが、やはり食事はバランスよく摂るのが一番ですよ!
最後までお読みいただきありがとうございました。皆様の良き生活に役立てば幸いです。

プログラミング初心者のためのパソコン選び[mac/Windows・CPU/メモリ]

はじめに

この記事はプログラミンを始めようとした際、どのようにパソコンを選ぶかの基準をお伝えするものです。
周りに聞く人がいなかったり、迷いがあって購入に踏み切れていない方はためになるはず。

ちなみに、私はMacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)のノーカスタムを使っています。概ね満足です。
ただ、プログラミングを続けていくうちに大まかな全体像が見えてくると、こうすれば良かった!こういうのもありか!という点が出てきます。
そのような点を踏まえて今の私が購入を検討すると、違った選択になります。
ですので、その辺りをお伝えできればと思っています。

この記事では、私が購入時にモヤモヤしていたスペックとOSについてそれぞれ意見を書いています。
お金がある人は現在発売されているさいきょうのぱーつをくみあわせたぱそこんを買えばいい。
という身も蓋もない記事にならないように気をつけます。

スペック

まず、スペックについて重視すべき項目順に説明していきます。

メモリ

使用しているパソコンで心残りを唯一挙げるならば、この項目です。私は、8 GB 1867 MHz DDR3
VirtualBoxというOSの上にOSを起動するという反則技のようなソフトがあります。
これを使用する場合、CUI(文字ばかりの画面)であれば使用には耐えますが、GUI(いつもの画面)を立ち上げると8GBのメモリではかなりかくつきます。
また、ソフトをいくつか立ち上げていても他の項目の性能を使い切ることはありませんが、メモリに関しては容量いっぱいになることが多々あります。
そのため、メモリは予算の許す限り積んでおきましょう。16GBにしておけばよかった。

CPU

次に考慮すべきはCPUです。私は、2.7 GHz Intel Core i5
複数のソフトを立ち上げる時に有利になるということなのですが、私はCPUの性能を使い切っていることはありません。
ですので、もう少し妥協して良い項目かもしれません。
少なくとも上記性能程度であれば、ViurtualBoxでUbuntuGUIを立ち上げても大丈夫なようです。それよりもメモ(ry
あと、マルチコアを意識したコードを書く場合はコア数が関係してくると思いますが、私がそのレベルまで到達していないため詳しくは説明できません。

GPU

グラフィックボードと呼ばれるパーツですが、私はオンボードで、Intel Iris Graphics 6100 1536 MB
通常のプログラミングを学習する上で意識する必要はありませんが、最近流行りのDeepLearningをやる場合はこの項目が途端に最優先項目になります。
ここに資金の大半をつぎ込めるようにしましょう。この性能で学習速度が決定します。
最近話を聞いた購入者は、全体で20万円のパソコンで10万円程度はGPUに使っていました。もちろんデスクトップです。

その他

あまり気にしなくてもいいんじゃないかな!

私の推奨をまとめると、メモリ16GB以上・Core i5。DeepLearningするならGPUにお金をつぎ込む。

OS

よく候補に上がるものとしては、macOS/Windows/Ubuntu(Linux)でしょう。
私はMacBookですのでmacOSですね。
現在の私が次に購入する予定なのは、拡張性が高いWindows機(購入直後にUbuntu機になる)でしょうか。

では、過去の私がこれ言ってもらえたら嬉しかった!という点をいくつか挙げていきます。

Ubuntu(Linux)

  • 無料
    貧乏人のWindowsと言われているらしい。見た目がWindowsっぽくて、無料で使用できるためです。
    3つの中で唯一無料。そのため、VirtualBoxをとりあえず試すなら最適。
  • Linux
    Webを利用したサービスやアプリを作成する際に、Webサーバーというものを立ち上げます。
    その際に、よく使用されているOSがLinux(UbuntuCentOS等)となり、手持ちのOSを揃えておくと覚えるものが減るというメリットがあります。
    特に感じるのが、同じディレクトリ(フォルダ)構造and黒い画面(ハッカーがよく触っている文字だけ画面)に入力するコマンドが同じという点です。
  • 導入が煩雑
    新品を開いてすぐにジャーン、と使えません。
    ネットから拾ってきてUbuntuのディスクを作成してインストールする操作が発生します。
    買ってきたパソコンにOSが入っていないor入っているOSを削除するならハードルは低めです。
    しかし、元あるOSも残したデュアルブートというものだと少しハードルが上がるようです。
    もっともお手軽な方法として、上述したVirtualBoxを用いる方法があります。
    ただ、いずれの方法をとっても、以前に比べるとかなり簡単なようです。
    最初からチャレンジしてみるのもありかもしれません。

macOS

  • Swift
    iOSを作る言語は多様化していますが、純正のSwiftで書くほうがアプリの仕上がりは良いようです。
    iPhoneアプリを本気で作りたい方は、macOS一択。
  • Unix
    macOSUnixをおしゃれにしたものです。
    そして、UnixLinuxの元になったOSであるため、ディレクトリやコマンドが似ています。
    そのため、Linuxと多少の違いはあれどWindowsと比較すると覚える量が減ります。
  • 拡張性が低い
    GPUの追加やCPUの変更が難しいです。ノートであるとメモリの変更・追加すらできません。
    購入時には注意して注文ましょう。
  • 価格が高い
    Windows機に比べると幾分高い、ような気がします。
    同性能なら安いというネット情報もありますが、欲しいスペックを絞って比較してみください。
    デザインに結構お金をかけているようですし、洗練されていますしね。
    スタバでドヤmacもできるのでその分だと考えましょう。

Windows

  • 拡張性が高い
    GPUの追加やCPUの変更がなんでもござれです。ノートのメモリの変更・追加もラクラクできます。
    Macのデメリット部分がそのままメリットになっています。
  • 価格が安い
    Macのデメリ(ry
  • Unix
    LinuxUnixとは異なるディレクトリ構造andコマンドを持っています。
    覚える量は他2つに比べると格段に多くなります。
    例えば、インストールしたプログラムの置き場所が異なっていたり、WindowsでいうところのショートカットがUniやLinuxではシンボリックリンクと呼ばれていたり。
    コマンドも微妙に異なっているものがあります。ファイルの一覧表示するコマンドがlsとdirであったり。
    元々Windowsユーザーで職場(非IT系)でも使用しているため、macOSに乗り換えた時は戸惑いました。
    ちなみに今でもWindowsの黒い画面は全く使える気がしません。

  • 文字コード
    これはPython3の場合のみかもしれません。
    Python3はUTF-8を推奨しており、macOSLinuxもデフォルトの文字コードUTF-8です。
    一方で、WindowsではデフォルトがShift-JISであるため、文字コード関連でハマりやすくなっています。
    Python3を使うなら避けたほうが良いかもしれません。

まとめて表にすると、以下のようになります。

OS メリット デメリット
Ubuntu 無料
Linux
導入が煩雑
macOS Swift
Unix
価格が高
拡張性が低
Windows 価格が安
拡張性が高
Unix
文字コード

さいごに

いかがだったでしょうか。
自身が妥協できるところ・重視したいところを考えながらこの記事を読むと選択肢が狭まるかと思います。
パソコン選びは知識がない状態だと難しいものですが、とりあえず直感で購入して始めるのが良いと伝えたいです。
次第にやりたいことやわかることが増えてきてどんどん楽しくなっていくこと請け合いですので。
その頃には欲しい要件を自分で調べて考えることができるのではないでしょうか。
最後までお読み頂きありがとうございました。みなさんのお役に立てれば幸いです。

CentOS7でよく使うコマンド・ディレクトリと役立ちそうな豆知識[随時追加予定]

メモ書きですが、初心者にとっては網羅的に載っているページより役立つかも
hoge/fugaは好きなファイル・ディレクトリ名に置き換える

コマンド

ディレクト

  • root
    /

  • ログファイルやキャッシュファイル
    var

  • apacheの各種ログ(アクセス、エラー)
    var/log/httpd

  • 各種設定ファイル
    etc

  • Apacheファイル
    etc/httpd

豆知識

服についてる素材タグのパーセント表示の意味を調べてみた

はじめに

服についてる素材タグ
綿100%とか、綿50%ポリエステル50%とか、色々表示がありますよね
肌着とか、なんとなーく後者の方が長持ちするような気がする
その程度の認識しかありませんでした

しかし、ある日突然、複合素材ってどの段階で混合しているのだろうとふと気になりました
生地を編む時なのか、糸を紡ぐ時なのか、それとも他にもあるのか
あとは、各生地の特徴や選び方も調べたのでメモとして記事にしていきます!

続きを読む

市販マスクはpm2.5対策にならないというのは嘘

はじめに

花粉が終わったと思いきや、次はpm2.5の季節ですね。
朝起きると景色が霞がかったりしていると要注意。
通勤時もくしゃみをしている人が結構いるため、被害を受けている方も多数いらっしゃるのではないでしょうか。

さて、そんなpm2.5対策として、花粉や風邪からマスクを連想する方は多いでしょう。
しかし、ネットで検索すると、pm2.5対策にはDS2やN95を買いましょう!というサイトが多くみられます。
その理由は、pm2.5は花粉やウイルスよりも粒子が小さいので市販のマスクでは捕集できないというものです。 うーん。

pm2.5の対策方法とマスクの効果の知識があれば、上記のような高額なマスクを売る目的で作られたサイトに惑わされることはなくなります。
今回の記事を読んで頂ければ、市販のマスクで十分対策できることや、その日pm2.5対策をすべきかを自分で判断することができるようになります。
最近くしゃみが多い人は読んでもらえれば嬉しいです。

続きを読む