シコウノキロク

思考・志向・試行・嗜好の記録

みんなのpython読了 雑感と今後の目標

先日立読み比較して購入した『みんなのPython 第3版』、ほぼ初学者の私がどうにかついていける難易度でちょうどよかったです。2週間程かかりましたがさらっと通読し途中のコードは8割程度写経しました。これでpythonの基本的なところはある程度把握できたんじゃないでしょうか。以下、読了後の雑感と今後の目標を書いて行きます。

 

shikouno.hatenablog.com

続きを読む

ブログは量?質?自分なりに考えてみた

私の結論

四の五の言わずにまず量を書く。その際、俺ルールを尊守する。

 

ブログを始めてから約2か月経ちます。最近思うことは、記事の量が少ないな!!!しかも質が低いな!!!

 

今は1つの記事を書くのに大体3~8時間かかっています。例えば、このブログで一番PV数が多い↓の記事ですが、8時間程度かかっています。文字数は2000程度ですし、なんとなくまとまりや流れが良くなくて読みづらいですね。時間がかかっているにも関わらず質が低く、生産性が低いわけです。 

続きを読む

読みやすい文章の書き方[日本語の作文技術]

  「日本語の作文技術」裏表紙より

ちゃんとした日本語を書こうと思ったら、まず、勉強に本多勝一氏の「日本語の作文技術」を読め。これが私の持論である。……全巻を通読しなくてもいい。第一章から第四章まで読めば、それだけで確実に、文章はよくなる。この本はそういうスゴイ本なのだ。(多田道太郎氏「解説」)

   文章を見直す場合、他人視点で文章をみることができるため時間を置くと良いと言われていますよね。ただ、一晩寝かせて推敲しても「この文章、なんだか読みづらいな…」と思う方はいるのではないでしょうか、そうです、私のことです。

続きを読む

python 入門書 立読み比較

 この記事は、pythonの入門者用の参考書として評判の高い以下の3冊を立読みした際に、プログラミング初心者が感じた選択基準について書いたものになります*1

 

 ・みんなのPython

 ・Python入門[2&3対応]

 ・入門 Python 3

 

 初心者くらいが手に取る本として各所でおすすめされている書籍たちですが、同一人物・同一サイトが比較しているという記事を見かけなかったので実物を見ずに購入するには決め手に欠きました。そのため、本屋で30分程度立読み比較して、(フィーリングで)購入しました。その際の自らの考え方の覚書・同じ視座の方との情報共有を目的としています。

 購入時点でのプログラミング勉強歴は、Pythonスタートブック通読・ドットインストールのPython入門の動画を全て視聴、程度です。

続きを読む

ダイエット記録・1ヶ月で8kg!リバウンドなし![シリコンバレー式自分を変える最強の食事]

 私のダイエット方法は以下の本の知識を元にしています。それを自己流にアレンジしたものですので、機会があればぜひ原著を確認ください。

 朝ごはんを置き換えるだけで効果あり!?という、バターコーヒーあるいは完全無欠コーヒーというワードはこの本を手に取っていなくても耳にした方もいるのではないでしょうか。この本はコーヒー以外の項目(食材・睡眠・運動)も素晴らしくて、情報てんこもりで感動するレベルです。今回取り上げる食について述べると、アレルギー体質の著者が食事後の脳電図と心拍数を測定して食材を選別しています。このような方法で情報をまとめ上げている点で巷に溢れている本とは一線を画しています。ただし、本の内容は素晴らしいのですが、実践するとなると金銭的・時間的に厳しいものがあります。実際、最初に読んだ時にはこれは無理だな…と本棚にそっと戻して放置していました。

続きを読む

グーグルアドセンス合格記 [2016年9月審査]

 本記事は2016年9月時点での情報になります。審査基準は時期により異なりますので、必ず最新の情報を参考にしてください。私は2016年9月1日にGoogle AdSense(以下、アドセンス)を申請し2016年9月22日に合格しました。

 

〇目次

 ・合格までの期間

 ・参考にしたサイト

 ・申請ブログと意識した点

 ・さいごに

 

続きを読む

【公害総論・水質概論・大気概論】公害防止管理者試験の対策を出題者側から考える

 基本的には公害防止管理者試験の出題者になりきった私の考察(妄想)です。試験対策を考える際に、出題者の意図がわかると勉強に取り組みやすいかと思います。

 
 前回、公害防止管理者水質1種の合格勉強法を書いたのですが、
 その中で私が最も書きたかった部分がカットしてあります。それは勉強とは直接的には関係なく、私の妄想が根底となる基礎がぐらぐらの理論だからです。しかし、公害防止管理者の試験が今のような体系になった理由をうまく説明できている点と、こういった出題者の立場にたって書かれた試験対策を見たことがない点から、記事を書きました。

 

 この記事で私が伝えたいのは、以前の勉強法を紹介した際に断定的に書いた以下の2つのことの裏付けとなります*1。

 

 ・問題を大別して、通常問題とスポット問題に分けたこと

 ・電話帳は必ず最新版を用いること
 
 話の流れは、一般社団法人産業環境管理協会について→試験制度について→試験問題について、となっています。
 
 *1あくまで私の妄想が根底としての基礎がぐらぐらの理論