シコウノキロク

思考・志向・試行・嗜好の記録

一人暮らしの自炊は節約にならない

この記事は節約のためだけに自炊を始めた一人暮らしの方々に向けたものです
読み終える頃には外食・惣菜派になっている…はず!

それ以外の条件で自炊をしている方
〜料理が趣味・得意・健康のため・二人以上で生活〜
はこの限りではありません

しかし、自炊で節約♪という考え方は変わると思います
だから、ぜひともみなさん読んでいってくださいね

続きを読む

Macの便利な入力補助機能(Emacsキーバインド)メモ

Emacsキーバインド。非エンジニアの方には認知度が低いですが、Macで入力作業をしている際に痒いところに手が届く便利な機能です
エンジニアの方で知らない方は潜り!
今、潜り認定された方は本記事で知ったかできる程度に知識をつけましょう
ちなみにこの記事の対象は上記のようなEmacsキーバインドを知らない方々ですが、本当のターゲットは由来をすぐに忘れてしまう自分自身!

さて、Emacsキーバインドで現在の私が主に便利だと思い入力作業に多用しているのは移動と文字削除
平たく言うとマウスや矢印キーを代替しているだけですが、慣れるとホームポジションから手を動かす必要がないので楽&速い
一回辺りの時間にすれば1秒もありませんが、チリも積もれば山となるわけですよ
あと、何よりアクロバットな体勢で手を動かせない状態での作業環境において絶大な威力を発揮します
…そんな環境ありませんか、そうですか

続きを読む

エクセル・ワードの便利な使い方7選+おまけ1[入社1年目で差がつくパソコン術]

「5分」でする仕事を「1分」でする

〜入社1年目で差がつくパソコン術 裏表紙より〜

社会人になって1ヶ月、日々エクセル・ワードをバリバリ(死語?)使っていることでしょう。

毎日使うものなので、便利な関数・ショートカット・マクロを使いこなせば生産性が上がる!
よし!基礎からマクロまで勉強しよう!
と決心だけしたものの分厚い本を寝かしていませんか。
…そうです私です。入社1年目の思い出。

今回紹介する本は、そのような私でも30分程度でさらっと読めました。
内容としては重厚なものではありませんが、日々の業務の時短に役立ってくれています。
ですので、入社1年目に限らず、とにかく時短したいという方にはフィットする内容なのではないでしょうか。

本記事では、日々の業務で使用頻度が高い使い方を紹介していきます。

続きを読む

よいプログラマと偉大なプログラマ[UNIXという考え方]

海外を転々としながら仕事をしており、私が尊敬しているエンジニアからオススメされた書籍「UNIXという考え方」。

本書を知るきっかけになったのは、Linuxディレクトリ構造やコマンドがしっくりこなくて四苦八苦していることを相談したことに端を発します。

話を聞いてすぐに購入していたものの、yumyum…と叩くことに意識が持って行かれて積読していました。

しかし、ある日ふと目に留まってから気になって仕方なかったので読んでみたところ、

最近生じてきたモヤモヤにすっかり応えてくれた!この本すごくいい!!

私のような初心者趣味プログラマにも有用だったのですが、読む人のレベルによっては捉え方が異なるのではないでしょうか。

エンジニア経験を重ねた後に再度読み返したいですね。

そんな素晴らしい本書をぜひ布教したいと思い、記事を書くこととしました。あとは、どう感じたのかの備忘録。

では、本書について簡単に説明した後、私が現時点で特に刺さったところ3点を書いていきます。

続きを読む

効果テキメンだった2つの風邪予防法

もうすぐ春ですね。
春の訪れと共に終わりが近づいてきた冬は、乾燥+寒さのダブルパンチで風邪をひきやすい時期です。
皆さんは何回患ってしまったでしょうか。

私は毎年冬が来るたび、週に1度は微熱・月に1度は38度の風邪をもらってきていました。
それがなんと今シーズンは2回のみに激減させることができました。
その2回も予防法を実践していない時ですので、来年は0になるでしょう。

完全に時期を外した記事になりますが、来年以降の自分自身に向けた備忘録を兼ねて書いていきます!

続きを読む

CentOS7にpython3を参照するdjango環境を構築

自分なりに構築した際の覚書で、Ansible等で用いるためのメモでもあります。
なお、下記のコマンドは適宜sudoをつけて実行しています。よくわからない場合はrootユーザーでやればいいのですよ。

  • 環境
  • 今回の方針
    • 構成はなるべくシンプルにする。
    • buildするとuninstallが面倒なのでpython3はyumで入れる。
    • wsgiがpython3を参照するようにする。
続きを読む

水素水を考えるために知ってほしい3つの化学知識


国民生活センターが公表した調査報告書で話題の水素水。

化学をかじった者からすれば、以下の話はある程度予想ができます。

ペットボトル入りの水素水2製品では溶存水素(水素ガス)が全く検出されず、他の製品でも、パッケージなどに記載された表示よりも水素ガス濃度が低く検出されたものがあった。

全文表示 | 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」 : J-CASTニュース

そのような結果になる理由が知りたい方は、この記事を読むとわかるようになるかもしれません。

ちなみに、今回の記事は水素水の濃度に関するもので、効果・効能には一切触れません。

続きを読む