シコウノキロク

思考・志向・試行・嗜好の記録

自転車ってふと考えると凄い

皆さんは自転車乗ったことありますか?むしろ逆に、乗ったことがない人いるんですかね?!

過日、街中で子どもとおばあちゃんが並んで漕いでいる自転車を見て、老若男女にこんなに愛されている乗り物って他にないと感じたのです。

本記事は、皆に愛されてやまない自転車を私が見つめなおした際の備忘録になります。誰得でしょうか、我得です。

〇歴史

現在の自転車の原型となっている車輪とペダルをチェーンでつないだ形が登場したのは、今から約130年前の1885年です。ガソリン自動車が開発されたのがその翌年の1886年ですので思っているよりも最近のことです。もっと昔から存在していたと思っていました。

2016年現在、ガソリン自動車は外観や構造が大きく変化しました。一方で、自転車は電気でアシスト・素材の軽量化等の変化程度で原型から大きな変更点はありません。1885年の登場した形がほぼ完成形だったのです。そして、現在よりも未来の自転車の姿を予想しても、やはり現在の形からの変化は考え付きません。

必要十分な機能に絞った設計が、自転車という究極の乗り物の形を作ったのでしょう。シンプルイズベスト。

 

〇教育

自転車を補助輪無しで乗りこなすことは、我々にとって大人の階段としての象徴としても認識されている方も多いのではないでしょうか。

補助輪を解き放ち、2輪という不安定な自転車を乗りこなす。これには、適度な達成欲・補助輪という視覚的明確性・移動範囲の広がりが要件として含まれており、それぞれ努力することが結果に結びつく=自己努力・大人と同じ乗り物であることがカッコいい=自尊心・どこまででも行けるようになるという目的意識=願望設定、といった大人になるにつれて必須となる資質を養うことができる。

これほどまでに効果的かつ実用的な教育ツールがあるでしょうか。自転車は教育の鑑です。

 

〇価格

教育の鑑である自転車ですが、価格も3万円程度と非常にリーズナブルです。教育の投資は湯水のように使ってしまうのが親心ですので、安いものでしょう。しかし、大人用に購入するのはあくまで実用面に限った話です。冷静に判断してどれほどリターンが得られるのか。簡単に検証してみましょう。

時間の値段を決めることは難しいのですが、時給800円のバイトにつけるとしましょう。そうすると、約38時間の労働で3万円を稼げます。

歩く速度はおおよそ5km/時、自転車の速度はおおよそ15km/時。つまり、5kmの距離を移動する際に時間が1/3に短縮されます。自転車に10分乗る場合、徒歩では30分かかるため、1日20分短縮できる訳です。

毎日10分自転車に乗る方は113日で価格分は使用したことになります。自転車の投資効率良すぎますし、安すぎませんか。

 

〇さいごに

自転車凄いね。って言いたかったのですが、よくわからないものができてしまいました。

ふざけた記事を最後までお読みいただきありがとうございます。

広告を非表示にする