シコウノキロク

アラサー男が自由を手に入れるまでの思考と試行の記録。Python・お金・考察・学んだことが中心

一人暮らしの自炊は節約にならない

この記事は節約のためだけに自炊を始めた一人暮らしの方々に向けたものです
読み終える頃には外食・惣菜派になっている…はず!

それ以外の条件で自炊をしている方
〜料理が趣味・得意・健康のため・二人以上で生活〜
はこの限りではありません

しかし、自炊で節約♪という考え方は変わると思います
だから、ぜひともみなさん読んでいってくださいね

お金以外の視点

自炊VS外食でどっちが節約できるの?それは自炊!
という考え方に欠けているもの

時間という視点

なんだよ、お金と関係ないじゃんって思った方
この後の5行だけでも読んでいってください

時間という項目を考慮した比較、どちらの方がお得でしょうか?

自炊:食材費 + 調理1時間 VS 外食:外食費 + 自由な1時間

仮に自由な1時間に時給650円のアルバイト、外食費はキリよく1000円とします
すると上記の比較は 食材費 VS 350円 (=1000-650)
食材費350円で一人暮らしの献立を考えるというのは難しいですよね
さらにガス代・電気代・調味料・器具代金等が上乗せされます

別の例として自由な1時間はDVD鑑賞、外食費はお惣菜としてコンビニ弁当800円とします
お弁当と食後のプリンも買えますね
この場合の比較は
食材費 VS 800円 + DVD鑑賞1時間
つまり、【800円 - 食材費】という金額で趣味の1時間をゲットできるわけです

自炊しない方が得な気がしてきませんか

自炊で節約という錯覚はなぜ起こるのか

自炊時間は、金銭の発生しない労働である。という視点が抜けているから

時間は無限にあるように錯覚するため、目先の出入りのお金のみに焦点が合ってします しかし、一般企業での仕事や通常のアルバイトの場合はお金を得るために何を提供していますか
それは貴方の時間ですよね
手にしているお金は元々貴方の時間だったものを切り売りしています

これはタクシーを使うのか歩くのかも時間の視点があるかで錯覚が起こります
移動中は別のことができる・到着が早くなるという点に対して、運賃を払うのかどうか
それを高いと感じるのか安いと感じるのか

ちなみに節約とは、「ムダを省いて切り詰めること。」だそう
価値観は多様ですので、ムダと感じる部分が自炊時間であるか外食費であるかは人それぞれです
だからこそ自分が本当にムダだと思う軸を据えてから自炊すべきかを判断しましょう

おわりに

いかがだったでしょうか
導入が自炊にも関わらず着地点としては哲学的になってしまいました。これ大丈夫か?!
しかし、時間が有限であり大切にしてほしいということが伝われば幸いです
このような記事を書いていますが、私自身は料理が好きなので数時間かけて自炊します
どこに価値を置いているか、どのように時間を使うのが幸せだと感じられるかでしょう 最後までお読みいただきありがとうございました